「結婚して、アメリカに海外赴任するんだ」と宣告された。(りんごさん・37才・京都府)

私は友達の結婚式で大失敗をした事があります。

その友達の結婚式に、新郎の友達として、私の小学校時代のクラスメイト(男子)が出席していました。私の友達は大学時代の友達なので、
小学校は全く別です。友達とは大学で初めて出会い、その新郎とは結婚式で初めて出会ったので、その結婚式に幼き頃に見覚えのある男性が
座っていてかなり衝撃的でした。

新郎とその元クラスメイトは教習所でたまたま知り合い意気投合して友達になったという事なので、本当に凄い偶然でした。

それと、ただのクラスメイトなら、「凄い偶然。久しぶり」で済んだのですが、その彼は小学校時代、私の事が大好きだったのでした。

5、6年の2年間同じクラスだったのですが、素直な男の子だったのでしょうか、みんなに私の事が好きだと堂々と宣言していていて、クラスメイト
みんなから頻繁に冷やかされていました。

でも、当時の彼は、どこが悪いと言う訳ではないのですが、あまりパッとしないタイプの男の子で、「可も無ければ不可も無し」で何の感情も
持てませんでした。それより、周りから頻繁に冷やかされるので「迷惑!」と思っていたぐらいでした。

その友達の結婚式に出席した頃、私は凄く結婚に焦っていました。周りの友達は着々と結婚していくのに、私には彼氏もいなかったのですから。

なのでその焦りから、その元クラスメイトに近寄っていこうとしてしまったのです。具体的に何かを言ったとか、何か行動に出た、とかではないのですが、
女っ気を出してしまったと言うか…。

すると何かを感じたのか、即行その元クラスメイトから、「来月自分も結婚して、アメリカに海外赴任するんだ」と宣告されたのでした。

それはそうですよね。あの小学校時代からどれだけの月日が流れているのか…。いつまでも「この人は私に気がある」と思い込んでいるなんて
自分がかなり馬鹿だと思いました。

(りんごさん・37才・京都府)


【特集】大人の女
あの有名雑誌の美乳特集号で紹介された、片手間バストアップ!「2分26秒」の秘密!(大澤美樹)
男が喜ぶエッチがわからない女性急増中?異色の訓練法「セクトレ」とは?無料動画あり...(Dr.セク虎)